出展企業様向けセミナー動画

新型コロナウイルスの影響下でも、人手不足の解消は変わらない経営課題です。人手不足解消のために、多様な人材を活用することは有効な手段の一つと考えられます。その中で働く意欲の高いシニア人材の活用が注目されています。シニアお仕事フェアご出展企業様に向けて、シニア人材活用のヒントとなるセミナー3コンテンツをオンデマンド配信でお届けします。
視聴期間:フェア開催7日前~フェア開催当日まで
ご注意:このページのURLをSNSなどで公開しないようにしてください。

セミナー講師/講師プロフィール

小澤 明人(おざわ あきひと)/人事採用コンサルタント 就活対策・就業力育成コンサルタント

企業研修やピジネススクールの運営・経営に携わること約25年。年間150回の企業説明会・面接・再就職支援研修および、2,000名超のカウンセリングを実施。「ヒゲ教授」として各所で活躍中!

激変!コロナ禍の「東京採用マーケット」

●今、ピンチは「見える仕事」、チャンスは「見えない仕事」
 └コロナ禍の雇用状況を整理し、BtoB企業、BtoC企業、それぞれの有利な立ち位置を確認。
●コロナ禍を活かす!隠れ優良企業
 └休業リスクの高い産業から人の異動が急増しているチャンスを知る。
●「課題」は貴社をどう見せて(魅せて)いくか
 └ただし採用の大きな課題として自社の魅力の見せ方を進化させる必要がある。

就職フェア(合説)での成功法 ~人を採りこむポイントとは~

●条件待遇で来る応募者/貢献したくて来る応募者
 └求職者の希望に応えようと企業プロフィールでは「条件待遇」の良さをアピールする企業が多いが「働く動機」が甘く、戦力化に繋がらないケースも多い。自社の貢献を分かりやすく伝えることが必須。
●「人が集まらない企業」に集めるコツ!
 └企業好感度は採用担当者が人として演出する。求職者が本当に働きたくなる企業とは「自分はどんな役に立つか」を示してくれる場所。
【成功事例】集客に苦戦する企業ブースに直前セミナーでどんな話題を投げかけて誘導したかを解説。

リアルとWeb面接を連動させる! ~会えないからこそ差がつくこと~

●中小企業の課題
 └感染リスクを怖がる求職者に対してWeb活用の採用を準備する。但し、中小企業はWebだけではアクセスは来ない。リアルでの出会いから次回Webへの誘導が得策となる。
●会えないからこそ差がつくこと
 └Web面接は求職者の不安を払拭する努力が必須。その丁寧な気遣いが採用に結び付く。オンライン採用の最低限の運営ノウハウを知る。

【問合せ先】

シニア就業支援キャラバン事務局

〒 101-0061

東京都千代田区神田三崎町3-1-8 天野ビル4F

受付(月~金)9:00~18:00 土・日・祝は休業

TEL:03-5212-2636

FAX:03-5212-2637

【主催】東京都、公益財団法人東京しごと財団

【協力団体】アクティブシニア就業支援センター

【運営】東京都しごとセンター事業

受託事業者 パーソルテンプスタッフ株式会社